インストラクターのブログ
フィットネスインストラクター小川 由紀子のオフィシャルブログ
フィットネスインストラクター小川 由紀子のオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > yoga time | セルフケア | 日々のこと > タパス〜苦行

タパス〜苦行

  • 投稿日:2012-06-01(金)14:00
  • 最終更新日:2012-12-11(火)17:01

120530_141133.jpg

先日、YTICの第2回目の勉強会がありました。

朝こなちゃんを9時に保育園へ預けて、その日はス−トラ勉強会までいたため5時半過ぎに迎えに行きました。といっても、会社の近くの保育園のため、パパに先回りしてもらって。

当日ス−トラは第二章から勉強しました。タパスについて瞑想しました。

こなちゃんが生まれてからというもの、毎日2時間おきの授乳、お世話全般、成長すればそれに見合った食事の世話から遊び相手まで、初めてだらけのわたしでした。

それがわたしにとっては苦行で、自分自身を成長させてくれるものでもあります(ヨガではタパスといいます)。

もうひとつのわたしのタパスは、新潟での生活そのもの。

実家から離れて、日中こなちゃんにとって頼れる大人はわたし一人。

何をするにも自分で考えて行動します。だからこなちゃんとの行動すべてに責任がある。

でもうちはパパが元気に働いてくれるから、パパの助けも借りるし、母に電話で話しを聞いてもらって気持ちを切り替えるときもあります。

だから、家族の有り難みをとても感じます。普段から感じていればいいけど、仙台にいたころは何かと甘えられる状況に甘えていました。

新潟にいるわたしは、育児に対して無知だった頃から、ママ友からの知恵だったり、その土地の知恵だったりを借りながらなんとか回心してやってこれました。

だから今がある。こなちゃんももうすぐ二歳です。

はちゃめちゃ二歳真っ只中といっていいのでしょうか。でもそれは、こなちゃんが元気に成長してくれている明かしなのです。

うまく行かないことがあっても
この可愛い笑顔に救われている毎日です。

感謝しきれないほどの気持ちが溢れてきます。

ママ、まだまだ行ける!がんばるよ。

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

ホーム > yoga time | セルフケア | 日々のこと > タパス〜苦行

QRコード
yogaの学校・教室

日本ヨーガニケタンYIC/YTIC
仙台
ヨーガライフシステム研究所
Yasumine Flavor
はこつき
新潟
子連れヨガ・マタニティ
~サンフラワーEC

サイト管理
フィード

ページの上部に戻る